レーザー脱毛の疑問あれこれ

レーザー脱毛ってどんなもの? > レーザー脱毛の詳細について > レーザー脱毛の疑問あれこれ

レーザー脱毛の疑問あれこれ

サロンや自己処理と比べて高額なことに加え、よくわからないことが多いのがレーザー脱毛。
しかし、ほとんどの場合事前の情報収集やクリニックへの問い合わせで解決する疑問です。
脱毛に限った話ではありませんが「よくわからないから」といって調べないのはちょっと考え物。
調べもせず理解しようともせず、若いうちから頭を使おうとしないのでは将来ボケてしまうかもしれませんし、キレイになるための第一歩だと思って、ちょっとお勉強しておきましょう。

 

まず、誰もが心配になるのが副作用について。
レーザー脱毛は光脱毛と比べて出力が強いことから、副作用が心配という方も多いでしょう。
しかし、現在の機械ではほとんど副作用の心配はありません。
たまに照射した場所が軽い火傷になることはありますが、その他の症状が起きることはないと考えていいでしょう。

 

これはレーザーが皮膚の奥や血管には届かないようになっているからです。
毛母細胞は皮膚の浅いところにあるので、そこまでレーザーを届ける必要がないんですね。
また、皮膚がんを起こす紫外線ではなく、レーザーの光は赤外線ですので皮膚がんの心配もありません。
もちろん放射線でもないので、安心してレーザー脱毛を受けましょう。

 

ただし、ごくごくまれにレーザーに対するアレルギー反応が出てしまう方はおられます。
また、光線過敏症など光に関するアレルギーや、アレルギー性皮膚炎をお持ちの方はレーザー脱毛ができないことがあります。
カウンセリング時にきちんと申告し、重篤な事態を引き起こすことのないように気をつけたいですね。
キレイになるためにクリニックへ行ったのに、うっかり言い忘れたせいで大火傷をしてしまったら元も子もありませんから。

 

このように、レーザー脱毛は基本的に安全なものですが、お肌が敏感になっているときは施術を避けたほうが無難です。
例えば、生理中は痛みを感じやすいため、デリケートゾーン以外の脱毛も避けたほうが良いと言われています。
妊娠・授乳中も同様です。
胎児や母乳に直接悪影響があるわけではないのですが、お肌からストレスがかかってしまうからです。
妊娠すると体毛が濃くなることが多いので、脱毛したくなる気持ちはわかりますが、断乳まではシェーバーなどなるべく痛くない方法でムダ毛処理をしましょう。

 

照射できない場所についても軽くおさらいしておきましょう。
ほくろなどもともとメラニンの多い部分や日焼け直後の肌、できたばかりの傷口がある場所にはレーザーを当てることができません。
前者については別の脱毛や除毛方法で対応し、傷は早く治るようしっかり消毒して、治ってから脱毛に行ってくださいね。

レーザー脱毛の詳細について

最近の脱毛サロン

最新記事

Copyright  レーザー脱毛ってどんなもの?  All Rights Reserved