レーザー脱毛が効く仕組み

レーザー脱毛ってどんなもの? > レーザー脱毛の詳細について > レーザー脱毛が効く仕組み

レーザー脱毛が効く仕組み

レーザー脱毛って、ちょっと不思議だと思いませんか?
ムダ毛にだけ反応して、周りの皮膚にはほとんど影響がないんです。
よく「レーザーで毛を焼き切っている」と表現されますが、それなら皮膚も焼けてしまいそうですよね。
だからこそ「レーザーはコワイ」と思っている人が多いのではないでしょうか。
そこでまず、医療レーザー脱毛の仕組みについてお話しましょう。

 

レーザーを当てたとき、反応しているのは実は毛そのものではありません。
もっと奥のほう、毛を作り出している毛母(もうぼ)細胞というところです。
厳密には、毛の黒い色を通して毛母細胞が反応しています。
ここを破壊してしまえば新たな毛が作られず、また今ある毛が伸びることもなくなるというわけ。

 

レーザー照射後数日してから毛が抜けるのは、毛母細胞が停止してからしばらくは影響が残るからです。
ですので、「レーザーを一回当てたらツルスベになれる!」というわけではありませんが、きちんと照射し続ければムダ毛と永遠におさらばできます。
また、一度照射すれば全ての毛母細胞に効くというわけでもありません。

 

体毛には成長期・退行期・休眠期というサイクル(毛周期)があるのですが、レーザーが反応するのは成長期の毛だけだからです。
毛を通してレーザーが毛母細胞に働きかけますので、成長期の毛が生えている毛穴の毛母細胞にしか反応しないということになります。
やっかいなことに、同じパーツでもこの毛周期が一つ一つの毛穴でバラバラなので、成長期の毛穴にまんべんなくレーザーを当てるためには数回照射しなくてはいけません。
これはサロンや脱毛器などでも同じで、そのため脱毛には一般的に時間がかかるものとされています。

 

また、パーツによって毛周期が一巡りするまでの期間も異なります。
脱毛する人はいないと思われますが、毛周期が一番短いのは眉毛やまつ毛などで約2ヶ月。
反対に、毛周期が長いのは手や足で、個人差も大きいですが約3ヶ月〜半年ほどです。
一度抜ける(休止期に入る)→再度元の長さの毛が生える(成長期)までにはこれほどの時間がかかるのです。
レーザー脱毛や光脱毛を始めると、次の予約が数ヵ月後と言われるのはこのため。

 

今後技術が進んで、一度で全ての毛母細胞に効くような機械が開発されるかもしれませんが、それはまだまだ先の話でしょう。
今は大人しく、根気強く通い続けるしかありません。
スキンケアと同様、「美は一日にして成らず」と思って気長に取り組みましょう。

レーザー脱毛の詳細について

最近の脱毛サロン

最新記事

Copyright  レーザー脱毛ってどんなもの?  All Rights Reserved